黒木瞳さんの魅力について(あと息子に言われたこと)

黒木瞳さんの魅力

いくつになっても年齢という数字を感じさせない黒木さん(瞳さん)。

日曜日の新聞で黒木さんのエッセイ(コラム)を読む、人柄があふれる文章と素顔を感じることが出来る。

テレビでは落ち着いた芯のある女性という印象が強くしっかりされた印象がある。

が、この文章から毎回感じるのは、やわらかさや可愛らしさ、そして前向きさを感じる女性だなと感じる。

大人の女性だけれども可愛らしさが表情として伝わってくるって素敵な事だし魅力的。

女優さんである限り演じることで印象付けられることが多い中、こういう形で黒木さんの普段感じる様子や想いが語られているのを読むことで親近感も湧くし違う一面を見れる瞬間だなと感じる。

文章でその人の心を討つように黒木さんの魅力の素顔を味わえた気がする。(素敵だな)

最近、息子に言われること

毎日のお風呂は、いつも3歳手前の息子と一緒にはいります。

私がいつもお風呂でしていること。。

足のセルライトつぶしマッサージ。

妊娠&出産をしてからというもの、もとの体重まであと3キロというところでぴたっと体重が落ちなくなってしまった私。

育児と家事に追われているのを自分なりの理由にしてろくに運動もしなかった私。

ついにこの冬体重がプラスになってしまい、本気で焦っている私!

やばい、やばい…なにかしなくては。

そんなこんなで、生活のなかの1シーンで1つエクササイズやマッサージをしようと思い立つのだった。

たとえば、キッチンでお料理をしているときにふくらはぎの筋トレ(かかとを上げたりおろしたり)をしてみたり息子を抱っこしたときついでにスクワットしてみたり、時には思いっきりフラフープしたりと。そんな流れでお風呂に入ったとき足のマッサージをしていたら息子が「まま、なにしてるの?」と聞いてきたので「まま、足のマッサージだよ~足が太いんだよぉ~」と答えながらやっていたらついに今日・・・

息子「まま、だいこんあしだもんね~」  

私「‼…‼?」

言葉がでてこず。どうやらテレビで見て言葉の意味と使いどころと、使う相手を自分なりに学習したらしい。

この言葉、出産で里帰りをしたとき弟に言われた言葉でもある。

「なんか…足が大根みたいだな」 

それを何年か経て息子に言われるとは。さすが息子。

なくしかけていたあの時の悔しさとダイエットに対する情熱を取り戻させてくれたのでした。

私はこの(息子のほうの)言葉を胸に自分を鼓舞しながらダイエットを頑張ろうと思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です